演奏家派遣

◆ アーティスト一覧

山下 明花

【ピアノ/キーボード/エレキキーボード】山下 明花

3歳からピアノを始め、桐朋学園大学卒業、同大学の修士課程に2年在籍。
ショパン国際ピアノコンクール大学生の部・コンチェルトB部門、両部門ともにファイナルディプロマを授与される。
JPTA日本ピアノ教育連盟主催ピアノ・オーディション合格。ロゼピアノコンクール学生の部2位。
コンセールヴィヴァン新人オーディション合格。
ペトロフピアノコンクール審査員特別賞。
ラジオ日本,、SORA×NIWA原宿のFM番組でピアニストとして出演。パーティーなどでの演奏、コンサートプロデュース、東宝映画ハゲタカの音楽収録に携わる他、企業様のCM演奏・CM出演、学生時代のモデル経験を経てモデルとしてショーに出演、某日本プロサッカーリーグの試合会場に広告が使用される等、幅広く演奏活動を行っている。

山下 明花

YAMASHITA SAYAKA

ピアノ/キーボード/エレキキーボード

齋藤 碧

【フルート】齋藤 碧

東京都出身。10歳よりフルートを始める。桐朋学園大学卒業。
2002年、全日本ジュニアクラシック音楽コンクール入選。翌年同コンクール審査員賞を受賞。
これまでに、東京国際フォーラムにて『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン熱狂の日音楽祭2005』、『CLUB CLASSICS』、『HARMONIA光と音のハーモニー』に出演。
『第35回フルートデビューリサイタル』やサントリーホール主催『レインボウ21』に桐朋アートマネージメントチームの一員として参加、出演。
ブルクハルト国際コンクール審査員賞を受賞、入賞者披露演奏会に出演。
2010年、ギターリストのマーティン・フォーゲル氏と共演し、好評を得る。東京湾華火大会にて演奏会に出演。
翌年、(財)地域創造公共ホール音楽活性化アウトリーチ・フォーラム事業に参加。2012年には、「綾瀬でオペラを!の会」にて歌劇『カルメン』を首席フルート奏者として出演。
これまでに、フルートを鈴木真紀子、一戸敦、峰岸壮一、神田寛明の各氏に師事。室内楽を高野成之、北村薫、白尾彰、藤井一興、三瀬和朗の各氏に師事。

齋藤 碧

SAITO MIDORI

フルート

 
【ヴァイオリン】内田 沙理

内田 沙理

3歳よりバイオリンを始める。
桐朋学園女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学を卒業。国内での音楽フェスティバルに多数参加。
北京にて日中交流オーケストラ出演。
これまでに、宮下理恵、篠崎功子、塩貝みつる、マスタークラスなどで竹澤恭子、ヒョー・カン、カート・サスマンズハウス、ヴィクトル・ピカイゼンの各氏に師事。在学中より、ドラマ、映画などのレコーディングに参加。
また多数のアーティストのレコーディング、ライブサポート、ツアー、PV出演などにも参加。東京ディズニーランド、東京ディズニーシーでの演奏等、クラシックに留まらず�l々なジャンルの演奏も行う。
現在はソロ、バイオリンデュオや、カルテットなど様々な編成で演奏。また、モデルとして雑誌『ゼクシィ』、ブライダルモデル、企業PR映像、商品プロモーション映像などに出演している。

内田 沙理

UCHIDA SALI

ヴァイオリン

柏木 さゆり

【ソプラノ歌手】柏木 さゆり

国立音楽大学音楽学部演奏学科声楽専修を卒業、同時にオペラソリストコース修了。
同大学院音楽研究科修士課程声楽専攻(オペラコース)修了。
明治クオリティオブライフ文化財団「音楽学生奨学生」に大学代表で認定される。
日本演奏連盟主催、宮廷歌手シルヴィア・ゲスティ教授による声楽公開レッスンオーディションに最年少で合格。
ウィーンにて2007~2009年に、シュツットガルトにて2011年に、声楽マスタークラスのディプロマを取得。
2011年、ウィーン国立音楽大学、ウィーン国際セミナーにてフスラーの呼吸法(複式呼吸)と声楽マスタークラスのディプロマを取得。
2011年、Prof.Dichler コンクール(ウィーン)声楽最高位、受賞者コンサートに出演。

柏木 さゆり

KASHIWAGI SAYUR

ソプラノ歌手

 
 
西浦 詩織

【ヴァイオリン】西浦 詩織

高松第一高等学校音楽科卒業。東京音楽大学音楽学部ヴァイオリン科卒業。第24,25回 香川ジュニア音楽コンクール金賞。第49,50回 全四国音楽コンクール本選第1位などを受賞。第12回ブルクハルト国際音楽コンクール室内楽部門最高位。第6回蓼科音楽コンクールin東京室内楽部門第2位。学生時よりヴァイオリニストとして音楽イベントやレコーディング、ソロから室内楽などのコンサートを数多く手がける。

西浦 詩織

NISHIURA SHIORI

ヴァイオリン

筒田 咲紀

【ヴァイオリン】筒田 咲紀

大阪府生まれ。3歳よりピアノ、4歳よりヴァイオリンをはじめる。
子供のためのヴァイオリンコンクール銀賞受賞。関西弦楽コンクール最優秀賞受賞。堺市新人演奏会オーディション通過。長江杯国際音楽コンクール4位。
自泉フレッシュコンサート、堺シティオペラ主催新人演奏会等多数出演。
相愛高校音楽科を経て、大阪教育大学芸術専攻音楽コース卒業。
同高校、大学卒業演奏会出演。
2012年SimonBernardini氏(ベルリンフィルハーモニー管弦楽団第一ヴァイオリン奏者)のマスタークラス受講。
これまでに高橋由美、奥田章子、池川章子、稲垣琢磨の各氏に師事。
室内楽を稲垣琢磨、中務晴之に師事。
さまざまなアーティストのライヴ、ツアー、レコーディングなどに参加している。

筒田 咲紀

TSUTSUDA SAKI

ヴァイオリン

 
渡邊 啓子

【チェロ】渡邊 啓子

4歳より桐朋学園大学附属「子供のための音楽教室」入室、5歳よりチェロを始める。
桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部を卒業。

室内楽やアンサンブルに於いて、高校・大学在学中には毎年“桐朋学園チェロアンサンブル”に参加。
また弦楽オーケストラの部活動で中心的に活動をするなど、在学中から積極的にアンサンブルの研鑽を積んでいる。
第10回~12回“別府アルゲリッチ音楽祭”に参加。
第4回蓼科音楽コンクール室内楽部門奨励賞受賞。

国内プロオーケストラ、アンサンブルにエキストラとして参加。
クラシックの演奏活動の他にも、パーティ演奏、バーやライブハウスでの演奏、アーティストのバックバンドやレコーディングなど、ジャンルにとらわれない音楽活動も行っている。
音楽教室、個人レッスンにて指導にあたっている。

これまでにチェロを千本博愛氏に師事。
室内楽を青木十良、堤剛、岩崎洸、徳永二男、名倉淑子、藤井一興の各氏に師事。
副科としてピアノを渡辺由美子、中川賢一の両氏に、声楽を名古屋木実氏に師事。

渡邊 啓子

WATANABE KEIKO

チェロ

柳瀬 茉耶

【ホルン】柳瀬 茉耶

愛知県立芸術大学音楽学部卒業。 これまでに、ホルンを大野良雄、竹村淳司、安土真弓、高橋臣宜に、室内楽を村田四郎、原田綾子の各氏に師事。 2012年夏、ドイツ フライブルグに渡り、アーノルド・ハイドヴォルフ氏のレッスンを受ける。 在学中は愛知県内外の中学、高校にて指導にあたっている他、エキストラとして様々な演奏会に出演。現在は都内にて演奏活動を行う。

柳瀬 茉耶

YANASE MAYA

ホルン

 
 
松山 真寿美

【サックス】松山 真寿美

洗足学園音楽大学卒業
鹿児島県新人演奏会に合格し、演奏会出演。
現在は都内中心に音楽指導、ライブサポート、レコーディングに参加。
2006年 浜崎あゆみアルバム「Secret」に演奏参加。
2009年 サントリー小ホールにてDUOコンサート開催。
クラシック、ポップス、ジャズなど幅広い範囲への後進の指導を行っている。

松山 真寿美

MATSUYAMA MASUMI

サックス

岡田 志保

【ファゴット】岡田 志保

大分県立芸術文化短期大学音楽科器楽専攻を卒業後、東京音楽大学3年次に編入。10年財団法人大分県文化スポーツ振興財団主催音の泉コンサート、財団法人としま未来文化財団主催としま未来コンサート特別演奏会チョン・ミョンフン一期一会の〝リゴレット〟~東京音楽大学とともに~に出演。ファゴットを永江恵子、山上貴司、水谷上総、霧生吉秀に師事。

岡田 志保

OKADA SHIHO

ファゴット

 
三浦 舞

【オーボエ】三浦 舞

岡山県出身。12歳よりオーボエを始める。2012年東京音楽大学卒業。在学中、東京音楽大学シンフォニックウインドアンサンブルのメンバーとして台湾演奏旅行に参加。2012年第4回ドルチェ楽器デビューコンサートin東京に出演。また同年11月、岡山県立美術館ホールにてデビューコンサートを行う。現在、フリー奏者として室内楽や吹奏楽、オーケストラ等の演奏活動や、中高生の指導など幅広く活動中。これまでにオーボエを上田美佐、広田智之の両氏に、室内楽を宮本文昭、浜道晃、中野真理、霧生吉秀の各氏に師事。
使用楽器 YAMAHA/YOB-832HG -BLACK OPAL-

三浦 舞

MIURA MAI

オーボエ

幟建 友里

【フルート】幟建 友里

武蔵野音楽大学器楽科卒業。
武蔵野新人演奏会および第35回フルートデビューリサイタルに出演。第15・16回日本クラシック音楽コンクール全国大会入選。第10回長江杯国際音楽コンクール管楽器の部および、第13・15回国際音楽コンクール管楽器の部で奨励賞受賞。第19回レ・スプレンデル音楽コンクール室内楽部門および、第3回ムジカサンタンジェロ音楽コンクール管楽器部門において第4位。第13回万里の長城杯音楽コンクール一般の部第3位。
フルートを川口智子、佐野悦郎、森圭吾、フィリップ・ピエルローの各氏に師事。
現在、室内楽やアンサンブルなどの演奏活動を行なっている。

幟建 友里

NOBORITATE YURI

フルート

 
 
今辻 綾子

【ピアノ】今辻 綾子

’96年、「日本ピアノ教育連盟ピアノオーディション」奨励賞。全国大会出場。
’95~’98年、4年連続「子供のための音楽コンクール」金賞および、中日新聞社賞。
’97年、愛知県芸術劇場コンサートホールにてポーランド国立クラクフ室内管弦楽団と共演。
’98年、「中部ショパン学生ピアノコンクール」銀賞。同入賞者記念演奏会出演。
’97、’99年、「全日本学生音楽コンクール」ピアノ部門名古屋大会入選。
’99年、愛知県芸術劇場コンサートホールにて『ジュニアソリストによる協奏曲の夕べ』出演、ラプソディー・イン・ブルーを演奏。
’98、’99年、SOPRAオーディション東海地区代表特待生として、アレクサンドル・М・マルクス、ウラジーミル・ミシューク各氏のレッスンを受ける。
’00年、「盛岡青少年国際ピアノコンクール」シニアカテゴリーファイナリスト。「ミレニアム・ニュークラシックオ-ディション」ファイナリスト。
’01年、「ショパン国際ピアノコンクールin ASIA」奨励賞。
’02年、同受賞記念演奏会に出演。
’03年、チャリティーコンサート『あおい空』出演。
これまでに、ワルシャワ音楽院教授/ブロニス・ワヴァ・カバラ、チャイコフスキー国際コンクール審査員長/シュタルクマン、ウィーン国立音大教授/ミヒャエル・クリスト、藤井一興、ボリス・ペトルシャンスキー、ケヴィン・ケナー各氏のレッスンを受ける。

これまでに、ピアノを清水恵子、杉浦日出夫各氏に、ソルフェージュを細野真由美氏に師事。現在、二宮裕子氏に師事。

岡崎市光ヶ丘女子高等学校を経て、桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業。

今辻 綾子

IMATSUJI AYAKO

ピアノ

納富彩歌

【ヴァイオリン】納富彩歌

7歳よりヴァイオリンを始める。ドイツ青少年音楽コンクール、ノルトライン・ヴェストファーレン州第二位入賞。 スイス・マルゲス・インターナショナル音楽講習会参加、修了演奏会出演。
 フランス・クールシュヴェール夏期国際音楽アカデミー参加、ロドニー・フレンド、フィリップ・グラファンの各氏に師事し、選抜修了演奏会出演。 第14回日本クラシック音楽コンクール全国第5位入賞。 文化庁舞台芸術国際フェスティバル、日韓の若い音楽家によるオーケストラ特別演奏会(東京、ソウル)に参加、チョン・ミョンフン氏の指導を受ける。浜離宮朝日ホールにてウィーンフィル奏者を含むウィーン弦楽トリオと共演。
 
 2006年より、「トウキョウ・モーツァルト・プレーヤーズ」メンバー。 2010年にソロリサイタルを開催。また、インストゥルメンタル・ユニット【Clacks】のメンバーとしてホリプロよりデビュー。2枚のCDをリリースし、テレビ・ラジオ・雑誌等多数出演。
 
 現在はオーケストラを中心に、室内楽、ソロ、映画やドラマ音楽のレコーディング、浜田省吾、西城秀樹、JUJU他、様々なアーティストのライヴにソロ、又はストリングスメンバーとして出演する等、ジャンルにとらわれず幅広く活動中。
 
桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部卒業、同大学研究科修了。矢部達哉、石井志都子の各氏に師事。

納富彩歌

NOUTOMI AYAKA

ヴァイオリン

 
金子 鈴太郎

【チェロ】金子 鈴太郎

桐朋学園ソリスト・ディプロマコースを経て、ハンガリー国立リスト音楽院に学ぶ。
コンセール・マロニエ、国際ブラームス・コンクール、
カルロソリヴァ室内楽コンクールなど国内外の数々の国際コンクールで優勝、入賞。
1999、2000年シエナのキジアーナ音楽祭にて名誉ディプロマを受賞。
2004年松方ホール音楽賞大賞受賞。
2008年1月のバッハ:無伴奏チェロ組曲全曲演奏会が高く評価され、
音楽クリティック・クラブ奨励賞を受賞。
仙台フィルハーモニー管弦楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、
大阪シンフォニカー交響楽団、長岡京室内アンサンブル等とコンチェルトを共演。
NHK「名曲アルバム」、NHK-FM「名曲リサイタル」に出演。
ソロの他にも室内楽に意欲的に取り組み、安永徹、市野あゆみ、
大山平一郎、上田晴子氏など、世界的に活躍するアーティストと多数共演。
バロックから現代曲までの幅広いレパートリーを演奏し、これまでに日本や
ハンガリー、オーストリアにおいて数々の世界初演をおこなう。
01年ハンガリーで現代音楽グループ ”shyra” を結成。
2003年~2007年 大阪シンフォニカー交響楽団首席チェロ奏者、
2007~2008年 大阪シンフォニカー交響楽団特別首席チェロ奏者。
現在は、各オーケストラにゲスト首席として招聘されるほか、
サイトウ・キネン・オーケストラ等で活躍中。
トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ首席チェリスト。

金子 鈴太郎

KANEKO RINTARO

チェロ

永井 香織

【サックス】永井 香織

武蔵野音楽大学卒業、同大学岡山県支部新人演奏会に出演。
これまでにサクソフォンを、シドニーオリンピック・シンクロナイズド・スイミングのデュオ音楽や、映画「電車男」サウンドトラックを手掛けた巨匠、栃尾克樹氏に師事。
艶のあるサックスの音色には定評があり、クラッシックをベースとしたソロ・アンサンブル活動を意欲的に展開しているフリーランスの美人演奏家としての実力も折り紙付!

『JT主催講演のサクソフォーン四重奏の響き』などのコンサートでの演奏活動の他、アニソンから、即興インプロ、医療・福祉・地域イベントのコンサートなどの幅広い演奏活動の他、現在サクソフォン講師として後進の指導にあたっている。

永井 香織

NAGAI KAORI

サックス

 
 
田口 薫

【ヴァイオリン】田口 薫

東京音楽大学音楽学部器楽科卒業。千葉県新人演奏会に出演。
全日本ジュニアクラシック音楽コンクール大学生の部で奨励賞を受賞。受賞者演奏会及び東京芸術協会主催のコンサートシリーズに多数出演。
ボリス・ベルキン氏の公開レッスンに参加し研鑽を積む。
現代作曲家の作品の初演にも数多く携わる。酒井健吉作曲、ヤイカテカラ協奏曲(改訂版)ではソリストとしてフィルハーモニーオーケストラ長崎と共演。
現在、ソロ・室内楽・オーケストラでの演奏、インターネット配信やコンサート、ライブ活動を行うほか、様々なアーティストのバックストリングスとしてTVやPV、レコーディング、コンサートに参加、テーマパークや音楽番組での演奏など、様々なジャンルで活動している。

これまでにヴァイオリンを江口自音子、大谷康子、鳩田慶子の各氏、
室内楽を大谷康子、北本秀樹、河合訓子の各氏に師事。

田口 薫

TAGUCHI NIO

ヴァイオリン

飯尾 久香

【チェロ】飯尾 久香

飯尾久香
1991年千葉県出身。
10歳よりチェロを始める。
チェロを林良一、倉田澄子、菊地知也、室内楽を藤井一興、毛利伯郎の各氏に師事。
名古屋市立菊里高校、桐朋学園大学卒業。
第二回名古屋アンサンブルフェスタ最高位(弦楽四重奏)。
サイトウキネン小澤征爾音楽塾へ参加し、オーケストラを学ぶ。

また、芸術全般に広く興味を持ち 幼少気には劇団ひまわり選抜クラスにて演劇を勉強し、教材のモデル、ドラマ、CMなど多数出演。
その他、ゴルフやフィギュアスケートも学ぶ。

スキー2級、乗馬ライセンス4級。

飯尾 久香

IIO HISAKA

チェロ

 
長谷部 恵美

【ヴァイオリン】長谷部 恵美

東京音楽大学卒業。
在学中に特待生奨学金を取得。

ヴァイオリンを小泉百合香、小嶋沙織、齋藤真知亜、吉川朝子各氏に師事。
ウィーン国立音大マスタークラスにてエドワード・ツィエンコフスキー氏に師事。

現在、ソロや室内楽での演奏活動、音楽教室講師、CMやライブのストリングス等、多方面で活動している。

長谷部 恵美

HASEBE MEGUMI

ヴァイオリン

原 礼以菜

【ピアノ】原 礼以菜

東京音楽大学卒業。

1997年 ピティナピアノコンペティション全国決勝大会A1級入選
1999年 ピティナピアノコンペティション全国決勝大会B級ベスト賞
2003年 ヤングアーチストピアノコンクールDグループ銀賞
2008年 ピティナピアノコンペティション全国決勝大会グランミューズ部門Yカテゴリー第2位、同コンクールの入賞者記念コンサートに出演
2010年 日本クラシック音楽コンクール全国大会入選
2011年 ヤングアーチストピアノコンクールピアノ独奏部門アマチュアグループファイナリスト、同コンクールの受賞者によるコンサートに出演
2012年 日本クラシック音楽コンクール全国大会第5位
2012年 ペトロフピアノコンクール第1位
2013年 東京音楽大学主催ヨーロッパ研修旅行中、リスト音楽院にて交歓演奏会に出演

原 礼以菜

HARA REINA

ピアノ

 
 
土屋 恵

【ピアノ】土屋 恵

福島県いわき市出身。

東京音楽大学ピアノ専攻卒業。

大学在学中より演奏活動を始める。

日本ピアノ教育連盟オーディションにて奨励賞、全国大会出場。

アートスペースエリコーナ主催『ニューイヤーコンサート~音楽家を目指す若者たちによる~』に出演。

2011年8月、スペイン,サンティアゴ・デ・コンポステラの『Musica en Compostela-International University Course of Spanish Music』にて、故アントニオ•イグレシアス、ジョセップ•コロンよりスペイン音楽を学び、ディプロマ取得。

現在、フリーピアニストとしてレストラン、ラウンジ、バー、セレモニー、ライブ、レコーディング、伴奏等、様々な場所でいろんなジャンルの演奏活動を行っている。

ピアノを故•若松紀志子、倉沢仁子、佐藤展子の各氏に師事。

その他、歌、アコーディオン等、いろんなことに挑戦中。

土屋 恵

TSUCHIYA MEGUMI

ピアノ

ユキナ

【ヴァイオリン】ユキナ

名古屋市立菊里高校音楽科、東京音楽大学卒業。

第59回全日本学生音楽コンクール高校生の部 名古屋大会 入選。

2009年ハナミズキ芸術コンクール銅賞。

自身もアーティストとして、クラシックからポップスまで様々なジャンルのライブ活動の傍ら、ニコニコ動画歌い手など、様々なアーティストのライブサポートや、指導者としてもヴァイオリンの普及活動に従事している。

ユキナ

YUKINA

ヴァイオリン

 
加治 友理

【ヴァイオリン】加治 友理

6歳からバイオリンを始め15歳でヴィオラに転向。
東京音楽大学付属高等学校、東京音楽大学を経て東京音楽大学院科目等履修生卒業。
在学中から国内、海外のマスタークラスを受講。
これまでにヴィオラを百武由紀、兎束俊之、小林秀子、ピエール・グゼレブ、Leo De Neveの各氏に師事。
現在、アーティストのサポートでの LIVE、TV、PV、CM 出演やレコーディングに参加。
またミュージカルや舞台での演奏、現代音楽の初演等幅広いジャンルで活動中。

加治 友理

kAJI YURI

ヴァイオリン

守屋 真琴

【ヴァイオリン】守屋 真琴

3歳よりヴァイオリンを始める。
東邦音楽大学附属東邦高等学校、同大学を経て同大学大学院修士課程修了。
ヴァイオリンを天満敦子、白岩博子、ルネ・シュタール、マーカス・プラッチ、室内楽を大久保淑人、白井英治、多喜靖美の各氏に師事。
2009、2012年ウィーンアカデミーに参加。2013、2014年ちちぶ国際音楽祭に参加し室内楽のマスタークラスを受講する。
室内楽やオーケストラ、またアーティストのディナーショーやライブサポートなど幅広いジャンルで活躍する傍ら、音楽教室の指導を行っている。

守屋 真琴

MORIYA MAKOTO

ヴァイオリン

 
 
金子 ユイ

【ヴァイオリン】金子 ユイ

埼玉県出身のヴァイオリニスト。
桐朋学園大学音楽学部卒業。
ヴァイオリンを石井志都子に師事。
これまでにMiz、南壽あさ子、椎名林檎、FozzTone、DieMilchなどのアーティストサポートとしてツアー、レコーディング、ライブ、TV番組に参加。
現在はジャンルを問わず幅広く活動中。
ストリングスアレンジにも力を入れている。

金子 ユイ

KANEKO YUI

ヴァイオリン

清水 英里子

【ヴァイオリン】清水 英里子

神奈川県出身。
霧島国際音楽祭などをはじめ国内外音楽祭に参加。
全日本ジュニアクラシック音楽コンクール審査員特別賞受賞、サントリーホールにて受賞者コンサートに出演。
ウィーンへ短期留学の際、ハイドンハウス演奏会出演、山手の丘コンクール奨励賞受賞、第26回レ・スプレンデル音楽コンクール奨励賞受賞。
桐朋学園大学卒業、同大学研究科一年在籍中。
これまでにヴァイオリンを三歳から始める、篠崎功子氏、クラウス・メッツェル氏、ジェラール・プーレ氏、フェデリコ・アゴスティーニ氏に師事。
室内楽を徳永二男氏、藤井一興氏、北本秀樹氏に師事、作曲を正門憲也氏に師事。
現在、アーティストのストリングスサポートとしてMUSIC STATIONなど多数音楽番組やPV、LIVEに出演。
後進の指導やオーケストラなどフリーランスで活動中。

清水 英里子

SHIMIZU ERIKO

ヴァイオリン

 
田村 麻理子

【声楽】田村 麻理子

東京音楽大学声楽科へ進学、卒業。(音域はF~hiEsのソプラノ)
のち東宝ミュージカルアカデミー二期へ入学、卒業。
アンサンブルグループ「オトハコ」を結成、ヴォーカル歌のお姉さんを担当。
子供の情操教育に携わるため活動中。
編成は歌、ピアノ、マリンバ、パーカッション、全て生の楽器で子供たちの耳に優しく、目で楽しめる演奏である。
2012年7月1stアルバム「音の箱」を自社レーベルよりリリース。
これまでの主な活動は、保育園,幼稚園、小学校、イオンモール、バローモール、ロハスデザインフェスタ等。
また、各種コンサート・ライヴ活動や、こどもちゃれんじ、しまじろうのステージショー歌のお姉さん、テーマパークアクター等、その活動は、ジャンルにとらわれず多岐に渡る。

田村 麻理子

TAMURA MARIKO

声楽

伊藤 富貴子

【ピアノ】伊藤 富貴子

5歳でピアノとヴァイオリンを始める。
13歳で渡米、ペンシルベニア州立大学音楽部 Marylene Dosse氏に師事。
15歳で米国にて初リサイタル。
桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ科を卒業。
東京音楽大学大学院音楽研究科ピアノ専攻を修了。

2007年から毎年リサイタルを行い、好評を得ている。
これまでに、毛利和貴、岩崎淑、雨田のぶ子、野原みどり、村上隆氏に師事。
現在、東京音楽大学付属音楽教室助手。

伊藤 富貴子

ITO FUKIKO

ピアノ

 
 
室町 あかり

【クラリネット】室町 あかり

上野学園大学短期大学首席卒業。東京フィルハーモニーの荒井伸一に師事
大学1年生でTIAA全日本クラシック音楽コンサートをサントリーホールにて出演
同大学卒業演奏会、定期演奏会、選抜出演
第80回讀賣新人コンサートを東京文化会館大ホールにて出演
第18回及川事務所新人オーディション合格し、現在所属。
2012年日本クラシック音楽コンクール全国大会入賞
ホテル、レストラン、ライブハウスなどで東京・千葉を中心に演奏活動中
2012年5月29日REGAL LABELより、オリジナル曲「SEASON1」発売
音楽活動の他に、モデルとしても活動中

室町 あかり

MUROMACHI AKARI

クラリネット

山下 伶

【クロマティック ハーモニカ&フルート演奏家】山下 伶

桐朋学園芸術短期大学音楽専攻(フルート)卒業
卒業後、クロマティックハーモニカの音色に魅せられ、日本を代表するクロマティックハーモニカ演奏家で多くの後継者を育て、主に関西で活躍中の徳永延生氏に師事
平成23年10月モリダイラ楽器(株)関係企業主催の徳永音楽教室東京校開設に伴い代表専任講師に就任
中部、関東、東日本を中心にコンサートホール、ホテル等でクラシックのみならず、ポップス、ジャズ、スクリーンミュージック、歌謡曲など、多彩なジャンルの曲を、クロマティックハーモニカ演奏家として演奏活動中

最近の受賞歴/第34回FIH ジャパンコンテスト(2014年6月実施)、クロマティックハーモニカクラシック部門第1位・ジャズ、ポップス部門第1位・アンサンブル小編成部門第1位。
同大会にて総合グランプリ獲得。

山下 伶

YAMASHITA REI

クロマティック ハーモニカ&フルート演奏家

 
柴田 沙智子

【ピアノ】柴田 沙智子

3歳よりピアノを始め、現在桐朋学園芸術短期大学に在学中

これまで佐々木直子、須田真美子、本田幹子に師事
2014年夏、ハンガリーのリスト音楽院にてマスタークラス受講
現在はブライダル、都内各所の飲食店、その他での演奏活動に加え、演奏家の伴奏ピアニスト、ピアノ講師として活動している

柴田 沙智子

SHIBATA SACHIKO

ピアノ

野口 杏梨

【ピアノ】野口 杏梨

ピアノを4歳から始め、東京音楽大学付属高等学校、同大学器楽科 ピアノ専攻卒業。

ヤングアーティストコンクール ピアノデュオ部門 銀賞
学内演奏会オーディションに合格、出演
ロシアにてコンポーザーピアニスト・ローゼンブラットとピアノデュオリサイタルに出演
関東ピアノオーディション テレビ埼玉賞 受賞
2009年、日本クラウンからおもちゃの楽器による、インストゥルメンタルユニットとして『トイ・マジック・オーケストラ』でメジャーデビュー。
メディアではNHKやTBSなどに出演するほか、海外公演や全国各地のコンサートホールにも出演。

野口 杏梨

NOGUCHI ANRI

ピアノ

 
 
酒井 和嘉子

【二胡】酒井 和嘉子

幼少よりバイオリンに親しみ、在米時にWilliam Kennedy、Hannah Yimに師事。
カリフォルニア州選抜ユースオーケストラにてコンサートミストレスを務め、ディズニーランドなどでの演奏経験を持つ。

2009年より二胡を始め、初年度より二胡検定上級に合格。
現在、劉鋒氏に師事し、劉鋒二胡研究会公認講師に認定される。
2013年7月、上海音楽学院主催「2013二胡大師班夏令営」修了。
日本人には難しいとされる中国曲においても、本国の著名奏者らから賞賛を得ている。

幅広いレパートリーを活かし、5つ星ホテル内中国料理店での定期演奏を始め、
企業パーティー、病院、学校、商業施設など、各地で演奏活動を展開している。
成長が著しい、注目の若手女性奏者。

酒井 和嘉子

SAKAI WAKAKO

二胡

海野 あゆみ

【サックス】海野 あゆみ

1982年エイプリルフールに東京に生まれる。
2歳からピアノ、4歳からソルフェージュのレッスンを受ける。
中学入学と同時にジャズスクールに通いサックスを鈴木雅之氏に師事。
ブラスバンド部に所属。高校1年からクラシックに転向、洗足学園音楽大学器楽科卒業。

クラシックサックス、室内楽を大和田雅洋に師事。
卒業後、ジャズを土岐英史氏に師事。自身の名義でMotion Blue YOKOHAMAやBlues Alley Japan、JZBrat SOUND OF TOKYOなどに出演、国内外の著名ミュージシャンと多数共演。

海野 あゆみ

UNNO AYUMI

二胡

 
島田 光理

【ヴァイオリン】島田 光理

5歳からヴァイオリンを始める。
桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室、桐朋女子高等学校音楽科を経て、2010年桐朋学園大学音楽学部入学。2014年3月、同大学卒業。
これまでにヴァイオリンを曽根マリ、恵藤久美子の各氏に師事。室内楽を徳永二男、毛利伯郎の各氏に師事。

島田 光理

SIMADA HIKARI

ヴァイオリン

岩谷 優子

【ヴァイオリン】岩谷 優子

国立音楽大学附属音楽高校を経て同大学卒業。これまでに小野耕之輔、荒井雅至、小森谷巧、武藤伸二の各氏に師事。
2006年ドイツ・バイロイト青年音楽祭に参加、現地にて多数公演。2007年東京サミット音楽コンクール奨励賞受賞。2008年ブルクハルト音楽コンクール室内楽部門最高位受賞。現在ヴァイオリン教室プレリュード主催。個人での演奏の他、全国各地でソロ、アンサンブルでの演奏を行う。

岩谷 優子

IWATANI YUKO

ヴァイオリン

 
 
秋葉 彩恵

【ヴァイオリン】秋葉 彩恵

私立 相愛高等学校卒業。
桐朋学園大学音楽学部卒業。
関西弦楽コンクール 審査委員賞受賞
大阪国際音楽コンクール 大学の部 ファイナル入選
関西弦楽コンクール入賞者による演奏会
相愛高等学校卒業演奏会
第47回 桐朋学園大学音楽学部 平成25年3月卒業関西出身者による新人演奏会(於:大阪いずみホール)等出演。
クールシュベール夏期国際音楽アカデミーにてマスタークラスを受講。
これまでに、室内楽を徳永ニ男、ヴァイオリンを橋本章子、参納悦次郎、曽我部千恵子、辰巳明子、久保良治の各氏に師事。

秋葉 彩恵

AKIBA SAE

ヴァイオリン

進藤 麻美

【ヴァイオリン】進藤 麻美

桐朋女子高等学校。
桐朋学園大学音楽学部。
同大学研究科を卒業。
ヴァイオリンを石橋敦子、三浦章宏、石井志都子、永峰高志先生に師事。
大学からは指揮を6年山本七雄先生に、室内楽を徳永二男、毛利伯郎、藤井一興、木村徹先生等に師事。
多摩フレッシュコンサート2006弦楽器部門、東京国際芸術協会新人演奏会など出演。

現在、洗足学園音楽大学非常勤。
洗足学園ニューフィルハーモニック管弦楽団。
メンバーとしての公演や、様々なオーケストラにエキストラ出演。
その他、ジャンル問わず室内楽、ソロの演奏や録音、様々な場所での演奏の傍らレッスン講師もしております。

進藤 麻美

SHINDOU ASAMI

ヴァイオリン

 
吉岡 りさ

【ピアノ】吉岡 りさ

桐朋学園大学出身。
4歳からクラシックピアノを始める。
ショパン国際ピアノコンクール in ASIA 優秀賞受賞。
ポーランドのクラクフでクラクフ室内管弦楽団と共演。
ポルトガル夏期音楽祭に参加し、マスタークラス卒業。
アメリカ・NY、マネス音楽院にて音楽祭に参加。
紀尾井ホールにて「東日本大震災復興支援チャリティーコンサート」に出演。
JAZZ、ポピュラーを勉強するために国立音楽院で学ぶ。
2011年春から歌を学び、弾き語りを始める。
2014年夏からアコーディオンを始める。
ピアノ、歌、弾き語り、アコーディオンなど様々なジャンルで、イベント、パーティー、自主企画演奏会などで活動中。

吉岡 りさ

YOSHIOKA RISA

ピアノ

安藤 由佳

【声楽】安藤 由佳

3歳よりヴァイオリンを始め、16歳で声楽を始める。
東京音楽大学、同大学院声楽科卒業。
これまでに、林ひろみ、星洋ニ、水野貴子、高橋啓三、各師に師事。
大学卒業時、新人演奏会出演。
大学院オペラ「魔笛」の侍女役にてオペラデビュー。コンセール・ヴィヴァン新人オーディション合格。
第7回さくら音楽コンクール入賞。現在、二期会研修所研修生。

安藤 由佳

ANDOU YUKA

声楽

 
 

◆ ジャズプレイヤー

平戸 祐介

【ピアノ/キーボード】平戸 祐介

ジャズ喫茶を経営する父親とクラシック・ピアノの先生をする母親の間に生まれ、4歳の頃よりピアノを弾き始める。

父親の所有する膨大なジャズ・レコードを聴きながら育ち、中学生の頃からジャズピアニストとして活動を開始

高校時代にはNYマンハッタン音楽院のサマー・ ワーク・ショップでトップ・レベル・コンボに抜擢され、最優秀賞を獲得。

卒業後渡米し、NYにある ニュースクール大学ジャズ科に進み、Walter Bishop Jr.に師事する。

'95には Richard Davis (Bs), Winard Harper(Ds)と共演、ジャパン・ツアーで成功を収める。

大学卒業後に帰国、上京し、quasimodeを結成
今年1月自身初となるソロ作品「Speak OwnWords」をリリース。
現在はリーダーとしてバンドを牽引しながら、様々なジャズ・クラブでのライヴ、レコーディングなども積極的に行なっている。

リットーミュージック Keyboard magazine監修

平戸 祐介

HIRADO YUSUKE

ピアノ/キーボード

羽立 光孝

【フウッドベース エレクトリックバス】羽立 光孝

琉球大学在学中にJazz研にてエレキベースを弾き始め、Jazzやジャンルにとらわれない、あらゆる音楽をプレイ。

FunkBandを結成し、BlackMusicを追求。

大学卒業後、見聞を広げる為、海外を渡り歩き、アメリカではロサンゼルスハリウッドにある音楽学校M.I(ミュージシャンズ•インスティチュート)にて1年間在籍
その頃、ウッドベースを学ぶ。

その後、日本に戻り、ジャズ、ポップス、ソウル、ファンク、クラブミュージック、J-POPなど、エレクトリックベース、ウッドベースの両方の使い手として、現在、ライブ、サポート、レコーディングにて活躍中

羽立 光孝

HATACHI MITSUTAKA

ウッドベース エレクトリックバス

 
吉村 由紀夫

【ウッドベース】吉村 由紀夫

高校入学からクラシックギターをはじめ大学卒業までの7年間ギターオーケストラに在籍。
コンサートマスター、コンダクターを経験。

その後、1996年までエレクトリックベース奏者として数々のファンク、サルサ、 ポップスバンドその他で活動。
スペイン在住のフラメンコギタリスト「東権正雄バンド」、キューバの国民英雄的サルサバンド「オルケスタ・レベ」との競演など
1997年より担当楽器をウッドベースに転向、本格的にジャズ専門の活動を開始
その後、橋本信二、ジョージ川口、中村誠一、北村英治、清水万紀夫、など数々の一流ジャズメンと共演
2002年より川口雷二ジャズコレクションに参加、2005年同バンドにてレコーディングCDを発表
その他現在は東京横浜を中心に幅広く活動中。楽器はすべて独学にて習得

吉村 由紀夫

YOSHIMURA YUKIO

ウッドベース

千葉 史絵

【ジャズピアノ】千葉 史絵

埼玉県出身。6歳よりクラシックピアノを始める
大学卒業後ジャズピアノを大石学氏、西由貴子氏に師事
作曲を現代音楽作曲家の池田悟氏に師事
現在都内近郊を中心にライブ演奏活動中

2009年6月27日、トリオでアルバム「Tip of dream」発売
2009年横濱JAZZ プロムナードコンペティションにて自己のトリオで出場、JAZZクラブ賞受賞
2012年9月John Lennon Songwriting Contestにてオリジナル曲“Echo”がファイナリスト入賞
2013年7月T-TOC Records CADENZAレーベルよりトリオのCD『Echoes』発売
2014年International songwriting competitionにてオリジナル“Ringlight ”がセミファイナル受賞

千葉 史絵

CHIBA FUMIE

ジャズピアノ

 
 
安田 幸司

【ウッドベース】安田 幸司

千葉大学入学と同時にベースをはじめる
山下弘治氏に師事。在学中から同世代のミュージシャンとセッションを重ねるかたわら、小林陽一&グッドフェローズに引き抜かれたことをきっかけに本格的に活動を開始
その後、岡崎好朗、大坂昌彦、太田剣、河村英樹、海野雅威、等と共演を重ねる
強いビート感とサウンドを支えるプレイが好評
昨年(2009年)は、川嶋哲郎、熊谷ヤスマサ、川崎太一朗 のレコーディングに参加
そのほか現在、TOKU、石田衛、田窪寛之、田村和大、山田貴子、福井亜実、のグループ等で精力的に活動中

安田 幸司

YASUDA KOJI

ウッドベース

後藤 魂

【ジャズピアノ】後藤 魂

横浜市出身
10歳の頃よりピアノを弾き始め、大学在学中にジャズ ピアノを始める
板橋文夫、大石学両氏に師事し演奏活動をスタートする
以後都内を中心にジャズ、ポップス、ラテン等様々なセッションにて演奏活動を行う
現在は主にFROZENSUN、VANGY!!、深沢晴奈カルテットのピアニストとして、またサポートピアニストとしてYou-Yu Bounce、東風、宇田川寅蔵ユニットで活動中

後藤 魂

GOTO TAMASHI

ジャズピアノ

 
奥吉 聡子

【ジャズピアノ】奥吉 聡子

4歳からピアノを始める。武蔵野音楽大学 音楽学部 音楽教育学科ピアノ専攻卒業

2001年に単身渡米しニューヨークでバリー・ハリス氏、スティーブ・キューン氏にジャズ理論、ジャズピアノレッスンを受ける

帰国後は、都内のライブスポットを中心に活動
主な出演は、青山マンダラ/渋谷JzBrat/六本木サテンドール/小田急デパート野外イベントetc
他、池袋メトロポリタンホテル・新宿京王プラザホテルのレギュラー出演

TV出演では、ロンドンブーツ田村 淳の専属講師として出演
2007年1月には、待望のファースト自己リーダーアルバム「7th-ave.」をリリース

現在は、自己リーダーBANDを中心にして、都内に限らず新潟/群馬/富山など地方へも進出
オリジナルやJazzスタンダードナンバー、POPSをアレンジした独自スタイルを確立し、日々、イベントやコンサートなど精力的に活動している
またジャンルに拘らない、スタイル表現を目指した幅広い独創的な演奏は、全国各地でも定評がある

奥吉 聡子

OKUYOSHI SATOKO

ジャズピアノ

平井 伸二

【コントラバス】平井 伸二

ジャズを基調にしながらも、ジャンルにこだわりなくブラジル音楽、タンゴ、シャンソン、ファド、クラシックなども演奏する。
幅広い要素の音楽を取り入れた演奏形態を模索中。

平井 伸二

HIRAI SHINJI

コントラバス

 
 
小美濃 悠太

【コントラバス・エレクトリックベース】小美濃 悠太

'85年、東京生まれ。一橋大学社会学研究科修了
幼少の頃より続けていたエレクトーンを通じてジャズに出会う
高校に入学後、ジャズを演奏できる楽器を習得するために吹奏楽部に入部
コントラバスとエレクトリックベースを平行して学ぶ

大学進学後、千葉大学モダンジャズ研究会に入部
本格的にジャズを学び始める
在学中から演奏活動を開始し、現在は東京を中心に首都圏全域で活動している
ジャズのフィールドにとどまらず、ポップスやミュージカルなど、幅広い分野で活躍している

ジャズベースを山下弘治氏、アルコ奏法を高西康夫氏に師事

小美濃 悠太

OMINO YUTA

コントラバス・エレクトリックベース

外山 安樹子

【ジャズピアノ】外山 安樹子

札幌市生まれ
6歳よりヤマハネム音楽院にて作曲、演奏法、理論等を学ぶ
自作の曲やクラシックで国内外のコンサートに出演
93年にはフランスでの国境なき医師団のチャリティーコンサートに参加
サル・プレイエルにてシルヴァン・カンブルラン指揮、フランス国立放送管弦楽団と共演し、その模様がテレビ放映される
他に札幌交響楽団、大阪ニューフィルハーモニーなどと共演

進学のため上京し、早稲田大学で法律を学んだ後、ジャズに出会い、それまでとは全く違う音楽感に衝撃を受け、独学と実践で勉強を始める
鈴木ウータン正夫(dr)菊地康正(ts)霧生ナブ子(vo)等数々の実力派ミュージシャンと共演を重ね続ける
他、07年1月に発売した全編オリジナルの自主制作CD「Songs of Lilac」に続き、
2007年9月にはYPMレーベルからファーストアルバム『Lilac Songbook』
2009年9月にはトリオでのセカンドアルバム『All is in the Sky』
2011年7月トリオでの3rdアルバム『Ambition』
2013年11月4thアルバム『Nobody Goes Away』をリリース
それぞれの収録曲が『ジャズ批評』誌にてジャズメロディ賞受賞
2010年1月に出版された「W100ピアニスト」にて日本の女性ピアニスト100人に選ばれて掲載される。
各ジャズ雑誌のレビューで好評を得るほか、ラジオのオンエア、出演など多数。
現在は関東のみならずツアーなど全国で活動中。

外山 安樹子

TOYAMA AKIKO

ジャズピアノ

 
石川 隆一

【ベース】石川 隆一

1984年 埼玉県春日部市出身
ベースを河上修氏に師事
中学時代に友人の勧めでエレクトリックベースを始める
高校時代はロックバンドで活動を続けるが、大学時代にウッドベースに出会い、19歳の時に聴いたRAY BROWN のベースプレイに感動し、ジャズに開眼。

共栄大学在学中よりプロとしての活動を始め、現在は荒武 裕一朗(pf)トリオの活動の他、秋山一将(gt)大山 日出男(as)岡安 芳明(gt)本田 珠也(ds)峰厚介(ts)村上寛(ds)山田 穣(as)各氏、他多数のミュージシャンと共演を重ねている。
また、ミュージカルでも多数の作品で演奏。

石川 隆一

ISHIKAWA RYUICHI

ベース

荒川 将司

【T.Sax】荒川 将司

バークリー音楽院にてJazzを学ぶ。

その後半年間ヨーロッパ各地にてRecording、Gig、Music Festivalに参加。
帰国後、都内Bar、Hotel、ClubにてJazz、Funk、R&BなどのGigシーンで出演。
また過去に当Bandの杉山 賢一郎氏と共にVo.有坂 美香率いるJoy Kamakura(鎌倉雪の下教会、ゴスペル)にサポート参加。

荒川 将司

ARAKAWA MASASHI

T.Sax

 
 
須藤 ヒサシ

【ウッドベース】須藤 ヒサシ

山梨県出身、BASS弾き&アレンジャー BASSは、コントラバスとエレキベースを弾きこなす。
自己のバンド『WATER WATER CAMEL』『WaJaRo』を活動の拠点としながら、 POPS、JAZZ、R&B、BRAZIL音楽を中心に、LIVEツアーのサポートや、レコーディングなど、活躍の場は多岐に渡る。

須藤 ヒサシ

SUDO HISASHI

ウッドベース

飯島 瑠衣

【ジャズピアノ】飯島 瑠衣

4歳よりピアノを習い始める。
16歳頃、父親が持っていたOscar Petersonのアルバム”Canadiana Suite”に感銘を受け、独学でジャズを始める。
その後ルーツ音楽院にてあびる竜太氏に師事。 高校卒業後、あびる竜太氏の勧めで洗足学園音楽大学ジャズコースに入学し、ピアノは蟻正行義氏に師事、アンサンブルなどを原朋直氏に師事。
また、フルートを多田誠司氏に師事。
中学から吹奏楽で慣れ親しんできたため、現在ピアノはもちろんフルートでも積極的にライブ活動を行っている。
フルートでのレコーディング経験もあり。
ピアノとフルートをもちかえる珍しいジャズミュージシャン。
2010年3月、同大学ジャズコース卒業。現在講師業の傍ら、都内を中心に様々なシーン・ジャンルで活動している。
リーダーユニットundercurrentでは、ギタリスト梅田和利とヨーロピアンテイストあふれるオリジナルを中心に取り組んでいる。
2014年7月23日にundercurrent名義の1st album “Prelude[UCRC-0001]”をundercurrent recordsよりリリース。

飯島 瑠衣

IIJIMA RUI

ジャズピアノ

 
ヤマト ヤスオ

【ウッドベース】ヤマト ヤスオ

高校からエレキベースを始め、上智大学へ進学、ジャズ研究会に入りウッドベースを始める。
奏法、理論、作曲を独自に学び、ジャズ、ラテン、ボサノバ、ポップス、ゴスペルなどジャンルを問わず、学生時からライブ、セッション、レコーディングなどで演奏活動を行う。
高井汐人(sax)がリーダーを務めるラテンバンド”Septeto Bunga Tropis”では大儀見元氏(perc)、中路英明氏(tb)などと共演。
”the corona” ”正山陽子”などのサポート。
アニメ「LUPIN the Third~峰不二子という女」サウンドトラックでは菊地成孔氏(sax)、坪口昌恭氏(p)などと共演。

ヤマト ヤスオ

YAMATO YASUO

ウッドベース

 
 
ページトップへ

copyright© by MUSIC CLASSIC FLOWERS All rights reserved.